トップ → こだわりから探す → ご贈答好適品 → [肉質等級最高☆ランク5等級]鹿児島黒牛・鹿児島黒豚しゃぶしゃぶ(3~4人前)セット

こんにちは ゲスト様

トップ → こだわりから探す → ご贈答好適品 → [肉質等級最高☆ランク5等級]鹿児島黒牛・鹿児島黒豚しゃぶしゃぶ(3~4人前)セット

[肉質等級最高☆ランク5等級]鹿児島黒牛・鹿児島黒豚しゃぶしゃぶ(3~4人前)セット

5,940(税込)
のしOK

“日本一”に輝いた「鹿児島黒牛」と、鹿児島の特産品「鹿児島黒豚」のしゃぶしゃぶセットをご用意しました。冷凍・簡易包装で、鹿児島の産地直送センターよりお届けいたします。※お肉のみの商品です。

生産地:鹿児島県
内容量:鹿児島黒牛リブローススライス(5等級)300g×1P,鹿児島黒豚バラスライス300g×1P,
原材料/素材:鹿児島県産黒毛和種牛リブロース、鹿児島県産黒豚バラ、
賞味期限:製造日より6ヶ月
配送方法:ヤマト運輸(冷凍)
配送日目安:1週間~10日
返品・交換:品質不良による返品・交換は商品到着後1週以内にお願いいたします。

きらりポイント

美味しさと安心・安全にこだわり、農家の卓越した技術と愛情をもって丁寧に育てられた「鹿児島黒牛」はきめ細やかな肉質と、バランスの良い霜降り、肉の旨さが自慢です。リブロースはきめが細かく霜降りになりやすい部位ですので、しゃぶしゃぶにすると大変美味しく召し上がっていただけます。
また、「鹿児島黒豚」は純粋のバークシャー種の交配によって誕生した豚で、肉の筋繊維が柔らかいため歯切れがよく、旨み成分であるアミノ酸を多く含んでおります。黒豚のバラは脂肪の溶ける温度が高い為、べとつかずさっぱりしているのが特徴です。
  • 悲願の日本一に輝いた「鹿児島黒牛」

    『鹿児島黒牛』は、2017年9月に宮城県で行われた「第11回全国和牛能力共進会」において、全9部門中4部門で優秀賞1席を獲得、団体総合優勝も獲得し日本一に輝きました。「全国和牛能力共進会」は5年に一度、全国の優秀な和牛を集めて改良の成果やその優秀性を競う大会です。2017年度大会に向けて、JAグループ鹿児島は数年前から鹿児島県と一体となって取り組み、今回の受賞はまさに“チーム鹿児島”で獲得した「和牛・日本一」です。     

    写真
  • 鹿児島といえばやっぱり「黒豚」

    鹿児島黒豚」は明治から現在に至るまでの長い歴史のなかで数々の品質改良が行われ、現在も改良の努力が続けられています。現在の「鹿児島黒豚」は鹿児島県内で生産・飼育された、純粋バークシャー種です。体毛は黒く、鼻・しっぽの先・四本の脚の先端に“六白”と言われる白い部分があるのが特徴です。肥育後期の飼料にカンショ(さつまいも)を与えることにより脂肪の質が向上し、「歯切れがいい、やわらかい、水っぽさがない、旨みがある、べとつかずさっぱりとしている」といった特色をもった「鹿児島黒豚」が生まれ、多くの方に指示をいただいております。

    写真
  • しゃぶしゃぶの美味しい召し上がり方

    普段しゃぶしゃぶをするときにお鍋でお水を沸騰させ、そのままお肉やお野菜を入れる方もいらっしゃると思いますが、ここでは当社がお届けする「鹿児島黒牛」「鹿児島黒豚」をより美味しく召し上がっていただくために、最初にひと手間加えた“昆布だし”でのしゃぶしゃぶをご紹介します。
    <しゃぶしゃぶの作り方>
    ①鍋にだし昆布と水を入れ、弱火にかけます。(こぶだし作り)
    ②沸騰直前に鍋の底から小さな泡がふつふつとしてきたら、だし昆布を取り出します。
    ③お肉をしゃぶしゃぶします。

    ★鹿児島黒牛
    牛肉を一枚ずつお箸ではさんで、だしの中をサッサッと泳がすようにしゃぶしゃぶします。
    ※やわらかく仕上げるために鍋はあまり沸騰させないようにします。少し赤みが残る程度が食べごろです。
    ★鹿児島黒豚
    豚肉も一枚ずつお鍋に入れてしゃぶしゃぶします。豚肉は牛肉と違いしっかりと火を通してください。

    ④薬味の入ったポン酢やごまだれに浸けてお召し上がりください。
    ⑤火の通りが遅い野菜から先に入れ、お肉とお野菜を一緒に食べながら、しゃぶしゃぶをお楽しみください。

    ★しゃぶしゃぶの最後にシメのラーメン
    お肉とお野菜を召し上がったら、最後に残っただしに塩・コショウ・薄口醤油を入れて味を調え、中華麺やもやしを入れて煮込みます。最後に黒コショウをふって完成です。

    写真
  • ◆おすすめの解凍方法◆

    <解凍方法>
    〇冷蔵庫解凍(所要時間目安:約7~9時間)
    冷凍のお肉を冷蔵庫でゆっくりと解凍します。チルド室がある冷蔵庫の場合は、チルド室に入れて解凍してください。(チルド室は冷蔵庫内でも0~1℃の低温に設定されており、よりお肉の細胞を傷つけずに解凍することができます。)
    〇氷水解凍(所要時間目安:約45分~1時間)
    冷凍のお肉を真空袋に入れて、氷水の中に入れて解凍します。
    (1)冷凍のお肉を密閉のできる袋に入れてください。
    (2)ボウルに氷水をつくります。
    (3)氷水のなかに(1)の袋を沈めます。
    (4)お肉が解けたら解凍完了です。

    写真

カスタマーレビュー

おすすめ度

(0件のカスタマーレビュー)

あなたの意見や感想を教えて下さい。

ページトップへ