トップ → こだわりから探す → ご贈答好適品 → [5等級]鹿児島黒牛すきやきセット(3~4人前)

こんにちは ゲスト様

トップ → こだわりから探す → ご贈答好適品 → [5等級]鹿児島黒牛すきやきセット(3~4人前)

[5等級]鹿児島黒牛すきやきセット(3~4人前)

7,020(税込)
のしOK

“日本一の和牛” 『鹿児島黒牛』ですきやき!   JAグループの農家によって生産飼育された安心・安全な鹿児島県産の黒毛和種という品種のブランド和牛で、2017年9月に行われた第11回全国和牛能力共進会において「団体総合優勝」を獲得し、日本一に輝きました。こちらのすきやき用セットは、肉質最高ランク5等級の鹿児島黒牛カタローススライス(3~4人前)のセットです。※お肉のみの商品です。

生産地:鹿児島県
内容量:鹿児島黒牛カタローススライス(5等級)300g×2P
原材料/素材:鹿児島県産黒毛和種牛カタロース
賞味期限:製造日より6ヶ月
配送方法:ヤマト運輸(冷凍)
配送日目安:1週間~10日
返品・交換:品質不良による返品・交換は商品到着後1週間以内でお願いいたします。

きらりポイント

美味しさと安心・安全にこだわり、農家の卓越した技術と愛情をもって丁寧に育てられた「鹿児島黒牛」はきめ細やかな肉質と、バランスの良い霜降り、肉の旨さが自慢です。カタロースは旨味成分が豊富に含まれており、味が濃厚な部位ですので、すきやきに最適です。
  • 悲願の日本一に輝いた「鹿児島黒牛」

    『鹿児島黒牛』は、2017年9月に宮城県で行われた「第11回全国和牛能力共進会」において、全9部門中4部門で優秀賞1席を獲得、団体総合優勝も獲得し日本一に輝きました。「全国和牛能力共進会」は5年に一度、全国の優秀な和牛を集めて改良の成果やその優秀性を競う大会です。JAグループ鹿児島は数年前から2017年度大会に向けて、JA職員、農家の方々、鹿児島県と一体となって取り組んで参りました。今回の受賞はまさに“チーム鹿児島”で獲得した「和牛・日本一」でした。    

    写真
  • (株)JA食肉かごしまの自社の工場でと畜処理、自社の営業所で加工

    (株)JA食肉かごしまには、鹿児島の薩摩半島・大隅半島それぞれにと畜処理をする工場があります。JAグループの農家によって育てられた牛は、主に薩摩半島南にある南薩工場(海外輸出認定工場)でと畜処理されます。その後、自社の営業所でスライス加工をし、商品を製造しています。と畜から商品製造まで加工処理の過程で他の会社が入らず全て自社で行っているため、等級ランクが上のお肉でもお客様へお求めやすい価格で提供することができます。

    写真
  • 牛カタロースは、すきやきに最適のお肉です!

    カタロースは旨味成分が豊富に含まれており、味が濃厚な部位ですので『すきやき』に最適です。一言『すきやき』といっても、調理手順や味付けは地域によってみなさんお好みがあると思います。ここでは当社がお届けする「鹿児島黒牛」をより美味しく召し上がっていただくために、おすすめの『すきやき』の調理手順をご紹介します。
    <すきやきの作り方>
    ①すきやき鍋に牛脂を入れて溶かし、鍋全体に敷きます。
    ②全体に脂が敷けたら、白ザラメを鍋全体にふります。(白ザラメがなければ砂糖でも可)
    ③鍋が温まってきたら牛肉を広げて入れ、片面のみ焼き色を付けます。
    ④鍋に割下を入れ、お肉と絡めます。
    ☆溶き卵に入れて、最初はお肉のみお召し上がりください。
    ⑤その後、火の通りが遅い野菜から先に入れ、割り下を足します。
    ⑥ある程度野菜に火が通ったら、残りのお肉と野菜をきれいに並べます。
    ⑦汁の味をみて、割り下や差し水で調整してください。
    ⑧その後、糸こんにゃくや水菜を入れて、お召し上がりください。

    写真
  • ◆おすすめの解凍方法◆

    <解凍方法>
    〇冷蔵庫解凍(所要時間目安:約7~9時間)
    冷凍のお肉を冷蔵庫でゆっくりと解凍します。チルド室がある冷蔵庫の場合は、チルド室に入れて解凍してください。(チルド室は冷蔵庫内でも0~1℃の低温に設定されており、よりお肉の細胞を傷つけずに解凍することができます。)
    〇氷水解凍(所要時間目安:約45分~1時間)
    冷凍のお肉を真空袋に入れて、氷水の中に入れて解凍します。
    (1)冷凍のお肉を密封のできる袋に入れてください。
    (2)ボウルに氷水を作ります。
    (3)氷水の中に(1)の袋を沈めます。
    (4)お肉が解けたら解凍完了です。

    写真

カスタマーレビュー

おすすめ度

(0件のカスタマーレビュー)

あなたの意見や感想を教えて下さい。

ページトップへ