トップ → こだわりから探す → 暮らしの逸品 → くりぬき二段弁当 木地呂塗り

こんにちは ゲスト様

トップ → こだわりから探す → 暮らしの逸品 → くりぬき二段弁当 木地呂塗り
(左から)江戸弁当・小判弁当・甲高弁当

くりぬき二段弁当 木地呂塗り

10,800(税込)
のしOK

木取りした栓材をくりぬいた二段弁当箱です。
栓(樹種名)はケヤキに似た木目で、その美しい木目を活かした「木地呂塗り」は、「拭き漆」よりも丈夫に仕上がっています。

商品コード:kijiro001-01
数量
  • A.江戸弁当

  • B.小判弁当

  • C.甲高弁当



以下A~Cより、おひとつお選びください。
ご注文の際、商品コード下の項目▼から、ご希望の商品をご選択ください。

A.江戸弁当
B.小判弁当
C.甲高弁当

≪商品仕様≫
加工地:福島県会津若松市
素地:栓材
サイズ:(江戸弁当)幅17×高8.5×奥10㎝
    (小判弁当)幅15.5×高8.5×奥10.5㎝
    (甲高弁当)幅17×高8×奥8㎝
内容:くりぬき二段弁当箱・バンド
配送方法:ヤマト運輸
配送日目安:ご注文受付後、3~4日程度
返品・交換:お届けした商品に不良品等の不備があった場合には14日以内にご連絡ください。
      お客様都合の場合は、送料元払い(お客様負担)でご返送お願いいたします。

「サイズ・色・種類」バリエーションを全部見る

  • (左から)江戸弁当・小判弁当・甲高弁当

    A.江戸弁当

    のしOK
  • (左から)江戸弁当・小判弁当・甲高弁当

    B.小判弁当

    のしOK
  • (左から)江戸弁当・小判弁当・甲高弁当

    C.甲高弁当

    のしOK

きらりポイント

くりぬき漆塗り弁当は一般的な吹付ではなく手作業の漆塗りだからこそ、用材のイヤな臭いがなく木目がきれいに出ます。
木綿の布巾で拭けば拭くほど艶が出て、手に持つと温かみを感じます♪
漆には菌の抑制作用があり、ごはんが冷めても水っぽくなく美味しくいただけます!
  • くりぬき江戸二段弁当

    上台 400cc 下台 500cc

    上台の底部分は溝があり、下台の底は平らになっています。上下逆にすると重なりませんが、それぞれ一段使いができます。
    二段にたくさん詰めるとかなりの量になりますので、お弁当に限らず小重として常備のおかず入れにもご利用いただけます。

    写真
  • くりぬき小判二段弁当

    上台 360cc  下台 360cc 

    上台の底部分は溝があり、下台の底は平らになっています。上下逆にすると重なりませんが、それぞれ一段使いができます。
    上下同じ容量が入り、小ぶりなので重宝します。

    写真
  • くりぬき甲高二段弁当

    上台 270cc  下台 360cc 

    上台にも下台にも底部分に溝があるので、上下逆・一段使い、何段でも重ねられる仕様で組合せ自由です。
    下台の方が深くなっており、細めなので鞄に入れやすいサイズです。

    写真
  • 日常使いはもちろん贈り物にも最適♪

    弁当箱とバンドを箱に入れてお届けします。

    ≪漆器のお手入れ方法≫同梱いたします。
    漆器製品の取り扱い方法はその性質や手入れのポイントさえ知っていれば、決してそんなに難しいものではございません。
    日常の食器としてお気軽にご利用いただけます。

    写真
  • 漆の魅力


    漆の本質を、探り続けてこられた先生のお言葉ですが、「漆は21世紀の塗料である」と。環境や人に優しく省資源・省エネルギー・成分解性である天然物系塗料の漆は、現代科学の目で見ても、素晴らしい光沢・耐久性に優れています。木の器に樹液を塗り固める漆器づくりは、環境に優しい道具づくりと思います。
    漆器は手になじみ、唇にやわらかい、見る目に美しい感性の機微に響いてくる器ですので まずは手に触れてみて漆の肌合いの心地良さを、手に味わって見て下さい。
    当工房は、天然木の木地に漆を塗り重ね、時間・手間をかけながら使い手の立場になって、作っていきたいと考えています。
    三代目 大森 茂光

    写真

カスタマーレビュー

おすすめ度

(0件のカスタマーレビュー)

あなたの意見や感想を教えて下さい。

ページトップへ