トップ → 東北応援 東北の輝き「石渡商店」

こんにちは ゲスト様

ご贈答好適品 MOCO×日本きらり
登録商品一覧 出店者一覧 エリアから探す
トップ → 東北応援 東北の輝き「石渡商店」
「東北応援 東北の輝き」

※記事は取材当時の内容です。

気仙沼の復興はフカヒレ抜きではありえない。
地元の人々と手を取り合いながら、
フカヒレ文化の伝承に人生を捧げる覚悟です。

石渡商店
石渡久師さん(宮城県気仙沼市)
サメの水揚げ日本一を誇る気仙沼で、世界に冠たる高品質のフカヒレを生産してきた石渡商店。東日本大震災で壊滅的な被害を受けながらも、技術と人材は失っていないと、力強く立ち上がった若きリーダー。
会社の再建、そして故郷・気仙沼の復興に向けて、石渡久師さんのチャレンジは始まっている。

変わり果てた故郷で目にした、石渡商店の看板

三陸沖の豊かな漁場に恵まれ、古くから日本有数の漁港として賑わった気仙沼。港から見渡す気仙沼湾は、リアス式海岸独特の美しさと穏やかさを湛え、どこまでも碧く輝いている。かつて、この海を絶え間なく行き来した大小の漁船。港に響き渡る水揚げ作業やセリの掛け声。休日には多くの観光客も訪れ、新鮮な魚介をはじめとする土地のグルメを楽しんだ。
そんな活気にあふれる港町の日常が失われてから1年。地震と大津波に加え、夜通し続いた火災、そして大規模な地盤沈下が発生した気仙沼では、未だに瓦礫の撤去作業が続けられていた。多くの建物が消えて荒野のような風景が広がるかつての市街地には、打ち上げられた大型漁船や、ねじ曲がり焼け焦げた歩道橋、建物の半分をえぐり取られたままたたずむ家屋や工場跡が点在し、今なお被害の甚大さを生々しく伝えている。この一年、繰り返し言われてきた「被災地の復旧・復興」が、想像よりも遥かに長く険しい道のりであることを、改めて思い知らされる。

「被災した町を最初に目にした時、あまりの非現実的な光景に何も感じることができませんでした」
そう当時を振り返る石渡商店専務取締役の石渡久師さん。震災当日、久師さんは中国の上海に出張中で、街中の巨大モニターで津波に襲われる故郷の映像を茫然と見つめたという。気仙沼には妻と幼い娘二人を残してきている。翌日、成田に到着してからは友人のバイクに乗って北を目指すも今度は福島の原発で爆発事故が発生。絶望的な状況の中、最後は偶然目にした自動車整備工場に頼み込んで車を借り、20時間以上をかけてようやく気仙沼にたどり着くことができたという。高台にある祖母宅で家族全員の無事を確認し、不安に苦しめられた長く過酷な状況にホッと一息。久師さんが変わり果てた故郷の町を見つめたのは、そんな経験をした直後だった。
「まるで夢を見ているようでしたが、流されたと覚悟していた自宅兼工場にたどり着いた時、崩れかかった建物の上に“ふかひれ石渡商店”の看板が見えたんです。そこで一気に悲しみがこみ上げてきました」

石渡商店の創業は昭和32年。久師さんの祖父である石渡正男さんが、それまで研究員として働いていた大手食品会社を退職し、家族ともども神奈川県から気仙沼へ移住して、乾燥フカヒレの製造、香港などへの輸出といった事業をスタートさせた。
正男さんは持ち前の研究熱心さで、旧来の常識にとらわれない新しい製法や技術を次々に考案していった。なかでも生のヒレから余計な皮や骨、肉を取り除いた「素むき」は、石渡商店が開発し、今では世界共通の業界用語となった製法だ。
当時フカヒレと言えば生のヒレをそのまま乾燥させた「原ビレ」で取引されるのが一般的で、以降の処理は料理人の仕事であった。また、江戸時代に乾燥フカヒレは中国との貿易において「金銀銅」の代わりに決算ができる「乾貨」として扱われた歴史があり、伝統的にサイズや重量が価値として重視される傾向にあった。そのような業界の習慣があるなかで、手間がかかる上に、サイズや重量も目減りしてしまう「素むき」にあえて取り組んだのは、「その方が美味しくなる」というシンプルかつ真っ当な理由からだった。
食べ物をより美味しく味わうことで、限りある海の幸を大切に想う心を育て、豊かな食文化を創造する。初代から現社長である2代目、石渡正師さんに貫かれるその信念のもと、新しい取り組みにチャレンジし続けてきた石渡商店のフカヒレは内外から高く評価され、中国からの来賓を迎える政府の晩餐会や、天皇即位を祝う宮中晩餐会に使用されるなど、気仙沼を代表するフカヒレ専門店へと成長を遂げてきた。

そんなフカヒレ一家の3代目として、ここ気仙沼に生まれ育った石渡久師さん。学生時代は陸上競技に打ち込み、将来は体育教師を目指した時期もあったが、やがて家業を継ぐことを決意。平成14年の入社からおよそ10年、父のもとでフカヒレのすべてを一から学んだ。近年は景気の悪化で高級食材であるフカヒレの国内需要が落ち込んでいたが、代々受け継がれるチャレンジ精神を発揮し、本場中国での販路開拓に取り組んでいた。大震災が起こったのはまさにその出張中。いくつかの料理店と取引の話が進み、さあこれからという矢先の出来事だった。

家族で復活を誓い合い、ひたすら前進を続けた一年

帰国後の数日間は、従業員の安否確認に奔走した久師さん。石渡商店は気仙沼市中を流れる大川の河口近くに位置していたため、以前から津波に対する防災意識が高く、30名の従業員のうち29名は無事だったが、女性社員1名を亡くした。また助かった従業員も、その多くが自宅や家族を失ったという。
被害の状況が概ね明らかになった後、いまだ混乱と悲しみのなかにありながらも、久師さんは石渡商店の今後について決断しなければならないと感じていた。人生をかけて同社をここまで大きくした父、正師さんの落ち込む姿を見て、再建するなら自分が先頭に立つしかない。震災から10日ほど経った夜、久師さんは、同じく石渡商店で働いていた弟の康宏さんと話し合ったという。
「どうせ右肩下がりの時代。それならば、歴史ある気仙沼のフカヒレを復活させた男として名を残してやろう」そう決意した2人は、家族全員で会社の復興を誓い合い、翌日には自ら瓦礫の撤去作業を開始。石渡商店の復興へ向けた第一歩が踏み出された。

その後も久師さんは精力的に動き回り、まずは工場の2階に残ったストック商品の洗浄と検品を行い、復興支援の物産展に出展。集まった多くの人々の励ましを受けながら、石渡商店の再起をアピールした。6月には横浜の倉庫に保管していた原料を、千葉の提携工場に持ち込んで委託生産を開始。翌7月には地元気仙沼に仮工場を建設し、小規模ながらもレトルトタイプのフカヒレスープなど一部商品の製造を再開している。

故郷・気仙沼の復興へ。チャレンジはまだまだ続く

日本一のサメの水揚げ量を誇った気仙沼には、フカヒレ業者のほかに、竹輪などの練り物を製造するサメ肉加工会社が数多くあり、互いに共存してきた。しかし、地盤沈下の問題を抱え、ライフラインの復旧も思うようにはかどらない現在、気仙沼ではサメ肉業者の復帰が遅れている。鮫漁を担ってきた近海マグロ延縄船も、そのような理由で気仙沼に鮫を水揚げできない状況だという。久師さんが自社の再開を何よりも急いだのは、まずフカヒレ屋の自分が立ち直ることで、鮫肉業者や漁師たちが安心して気仙沼に戻れる環境を作るためでもあった。
「フカヒレとして食される部分はサメ本体のわずか1%程度。サメ肉業者が復帰して、気仙沼港に鮫が揚がるようにしなければ、フカヒレの復活もありえません。」

こうした久師さんの復興への想いは、同じフカヒレ業者の若手跡継ぎで結成された「気仙沼ふかひれブランドを守る会」の活動へと発展。これまであまり交流の無かった同業他社と手を取り合って、気仙沼の復興に取り組む覚悟だ。
「気仙沼にフカヒレが無ければ他の港町と同じ。歴史ある気仙沼のフカヒレをより魅力ある名物に育て、美味しいフカヒレを味わいにたくさんの人が訪れてくる。そんな気仙沼を目指して、これからもチャレンジを続けていきます」

ページトップへ