トップ → 商品カテゴリから探す → スイーツ・お菓子 → 和菓子 → すみれ堂 バタータン

こんにちは ゲスト様

トップ → 商品カテゴリから探す → スイーツ・お菓子 → 和菓子 → すみれ堂 バタータン

すみれ堂 バタータン

378(税込)

ほんのりバターが香る”欧風おかき”です。若い方は勿論、軽く焼き上げておりますので、小さなお子様からお年を召された方まで、美味しく召し上がっていただけます。

商品仕様

加工地 埼玉県
内容量 75g
原材料 うるち米(国産)、植物油、砂糖、食塩、カレー、チーズパウダ、粉醤油、海老、青さ、バター、調味料(アミノ酸等)、香料、着色料(赤色102、カラメル)、(原材料の一部に乳大豆小麦、豚肉、牛肉を使用)
賞味期限 生産より4か月
商品の品質管理には十分留意しておりますが、万一、不良、もしくは品質に問題があった場合、また、ご注文された商品とお届けした商品が異なった場合には、商品をお取り換えいたしますので、お手数ですが商品到着後7日以内にご連絡ください。また、商品在庫が不足している場合はご連絡の上、同等品と交換、もしくはキャンセルとさせていただくことがありますのでご了承ください。恐れ入りますが、返品の送料は当社宛の着払いでお送りくださるようお願いいたします。尚、お煎餅は食品ですので、お客様のご都合による、返品、交換、返金はいたしかねますのでご了承ください。

きらりポイント

美味しいお煎餅みぃつけた・・・
小さくて美しい花を咲かせる「すみれ」の花は、古くから人々に愛されています。花言葉は「謙虚」「誠実」「小さな幸せ」です。道端や草かげにひっそりとさりげなく花を咲かせる姿が、ひかえめでおくゆかしいことから、こういった花言葉がつけられています。 野辺に咲く深い紫色の可憐なすみれの花、そんなすみれの花を見かけると、どこかなつかしく、なぜか、うれしくなって心が和みます。「ひかえめだけどいつでも身近に、ふと気が付くとそこにある」そんなすみれの花のように、すみれ堂のお煎餅をいつもおそばに置いて頂ければと願っています。
  • おかきを食べて、笑顔になってもらいたい

    すみれ堂は、戦前から、お煎餅やあられ類の製造と卸売り、小売りをして、昭和28年に、赤門で有名な東京大学本郷キャンパス前に、店を構えました。その後、昭和36年に、すみれ堂の看板商品となり、永年にわたりロングセラーとなっている「欧風おかき・バタータン」の製造を始めました。バタータンのタンは短冊のタン、バター焼きおかきで「バタータン」です。当時は、「おかきに革命を起こした」と言われ、おかき分野の元祖と言われています。 看板、パンフレットをはじめ、全ての商品に書かれている社名の「すみれ堂」の文字は、初代社長によって書かれたものです。守り続けてきた「すみれ堂」の文字と同様に、すみれ堂のお煎餅は、創業よりの「おかきを食べて、笑顔になってもらいたい」との変わらない思いをずっと大切に守り続けています。ぜひ、すみれ堂のお煎餅をお召し上がりください。

    写真
  • ♪タンタンタンタン・バタータン♪

    食卓に洋食が浸透し始めた昭和30年に入った昭和36年に、バター、チーズ、カレーなどをまぶした欧風おかきを売り出し、爆発的人気を呼びました。店の前には、行列ができ、近くの高級住宅街からキャデラックで乗り付けるお客様も現れました。ラジオで「タンタンタンタン、バタータン、すみれ堂のバタータン」というCMが流れるや、今度はタクシーの運転手さんやそのお客様が車を止めて買い求めました。近所に住んでいたサトウハチローさんも、丸缶入りの詰め合わせを好んで買ってくださいました。今では、バター、青のり、カレー、チーズ、えび、シュガーの6種類の味がお楽しみいただけ、どのバタータンもとても美味しく、食べ出すと止まらなくなってしまいます。高度経済成長期、日本人を熱狂させたハイカラな味をずっと大切に守り続けています。

    写真

カスタマーレビュー

おすすめ度

(0件のカスタマーレビュー)

あなたの意見や感想を教えて下さい。

ページトップへ