トップ → こだわりから探す → 夏ギフト → 甘露梅肉(カップ詰) 160g

こんにちは ゲスト様


トップ → こだわりから探す → 夏ギフト → 甘露梅肉(カップ詰) 160g

甘露梅肉(カップ詰) 160g

500(税込)
のしOK 再入荷
在庫切れ

甘味・酸味・辛味のバランスが絶妙で、そのままはもちろん、温かいご飯やお粥のほか、パンやサラダ、豆腐、納豆に合わせるなどさまざまな料理との相性の良さが際立ちます。

生産地:福井県南越前町
内容量: 160g
原材料/素材:梅、砂糖、紫蘇、生姜、塩、もち米(国産)
賞味期限:発送日から約1年
配送方法:ヤマト運輸宅急便
配送日目安:1週間~1ヶ月以内の発送(ご注文のタイミングによって変わります)
返品・交換:商品の性質上、配送手配完了後のお客様都合による返品および交換は承っておりません。ただし、お申込み商品とお届けした商品が異なっていた場合、お届けした商品に品質上の問題がある場合に限り、返品および交換を承りますので、商品到着後3日以内に必ず下記お問い合わせ先まで「商品の状況」をご連絡下さい。

【返品・交換についてのお問い合わせ】
メール:info@inaka-kukan.com
お電話:076-248-7733(営業日の9:00~17:00)

きらりポイント

北陸で永年愛されてきた、ほんのり甘口の【ねり梅(梅肉)・梅ジャム】です。


甘露梅肉


甘味・酸味・辛味のバランスが絶妙で、そのままでももちろんおいしいですが、温かいご飯やお粥のほか、野菜サラダや納豆に混ぜるなど、さまざまな料理との相性の良さが際立ちます。
※こちらの商品は複数セットのご注文の場合、環境に配慮して再利用の段ボールを輸送箱として使用いたします。
あらかじめご了承くださいませ。
※誠に申し訳ございませんが、出来る限り多くのお客様にお届けできるよう 商品のバリエーションは1種に限定させていただいたうえで、当面は個数制限を設けさせていただきます。
※ご注文のタイミングによっては、お届けまでにお日にちをいただく場合がございます。
  • 江戸時代から、今庄宿で愛された逸品

    福井県南越前町今庄は、日野川上流、山間の盆地で、かつて江戸時代に幹線道路として人や物の往来が頻繁となった北国街道の宿場町。通りに沿って立ち並ぶ古く立派な家屋には、その繁栄の名残りが伺われます。

    ご当地の名産、甘露梅肉を販売する高野由平商店も、往時を思わせる佇まい。江戸時代には「大黒屋由平」として、旅籠を営まれていたそうです。梅肉は、若狭藩主が土産で携えた若狭梅を加工し、宿泊客に振舞ったのがはじまりとか。明治以降、時代の流れによって旅籠をやめ、以来、藩主も愛した梅肉の専門店としての歴史を刻み続けています。

    写真
  • 昔と変わらぬ手づくりで、素朴な味と安心を

    高野由平商店では江戸時代から評判の甘露梅肉と、梅肉をつくる上での副産物といえる紅梅液(梅の砂糖漬果汁)が、昔のままの土蔵でつくられています。

    現在、一子相伝で代々受け継がれてきた秘伝の味を守っているのは、高野義昭さんと久子さんのご夫婦。上品で優しい味わいは、物腰が柔らかく、優しい笑顔のお二人の印象そのままです。

    写真
  • ひと口で感じるやさしさ

    良質な福井県産の梅を1ヶ月から1ヶ月半の間砂糖漬けにして、出来た果汁と実を別々の壺に分けて土蔵で3~4年じっくりと熟成。熟成した梅の実は、1つ1つ丁寧にタネを取り除き、紫蘇・刻み生姜・砂糖を加えゆっくり練り上げると、優しく上品な味わいの甘露梅肉の誕生となります。

    昭和22年(1947)に天皇陛下に献上し、昭和43年(1968)には皇太子殿下が御買上げになられたという誉れ高きこの逸品。添加物は一切使用しておらず、安心してお召し上がりいただけます。

    写真
  • 使い方さまざま、2度おいしい

    かつて今庄宿で旅人を癒した秘伝の味。添加物は一切使用しておらず、安心してお召し上がりいただける商品です。
    時間と手間をおしまずつくられているにもかかわらず、価格もリーズナブル。

    そのままでもおいしい高野由平商店さんの「甘露梅肉」ですが、ジャムやディップとしての用途はもちろん、さまざまな料理と相性バツグンです。

    写真
このアイテムを買っている人はこんなアイテムも買っています

カスタマーレビュー

おすすめ度

(0件のカスタマーレビュー)

あなたの意見や感想を教えて下さい。